<< 超個人的にPCの方がやりやすいこと、やりづらいこと。 | main | IMソフトまた乗り換えた >>

スポンサーサイト

  • 2012.05.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


他人の議論に第三者的な立場から意見を述べてみる。

さて、小室みつ子さんのtwitterアカウント宛にTMNetwork tribute album"CLUB COLOSSEUM"の感想というか、その批評のような物が 送られてるらしいので。

 俺も二人のやりとりに横やり入れるのはどうかと思うので、明後日の方向で当事者がいないにもかかわらず意見してみるよwww
その意見を仰ってる方は、
「TMは驚きで作られてるところがあって、それをいじる以上は驚かして欲しいと思う」
「さわりでしか聴いてない中では驚きはなかった」 
「トリビュートの定義が難しいところはありますが、少しアレンジをいじっただけだとあまり面白みがない」
(*ご本人のツイートの一部を「おそらく意味が変わらない程度」に短く箇条書きにまとめた。表現は原文まま)

とまぁ、このようなことを仰っていると。で、それに対してみつ子さんは 

「彼らへの批評を私に言われても困るのですが...。」
「Tributeに参加したミュージシャンたちは、他の方と同じTMファン」
「ミュージシャンとして、真摯に音作りする彼らに敬意を表します」
 (*同上) とお返ししてると。 

さて、そこで今度はおいらのコメント。まず、上であげたみつ子さんの返信の一番上。仰るとおりだと思うw書くアーティストへの批評を、関係ない(歌詞を書いてるので中の人と言えばそうだが、このアルバムには直接携わっていない)みつ子さんに言うのは筋が違うと思う。

 んで。 「トリビュートの定義が難しい」と言うことで、Yahoo辞書で調べてみたよw 

トリビュート【tribute】
感謝・賞賛・尊敬などの気持ちを表すしるし。賛辞。捧げ物。「―アルバム」「―作品」

と言うことは、トリビュートアルバムって「私たちあなたのことが大好きですんで、その気持ちを表したくて自分らなりにあなたの曲を演奏してみました」って事な訳でしょ?

てことは、別にアレンジをいじったりする必要もきっと無い(その参加アーティストがやりたいようにやればいい)はずで、「トリビュート→別アレンジを楽しむ」というのはそもそも違うのではないかと。それが好きか嫌いかは聞き手側の素直な感想なので、どう思おうが自由だと思う。

ただね・・・ 触りだけしか聴いてないのに全部を語られてもねーと。w

ファンとして原曲を大事に思ってる気持ちはわかります。ただ、色々な入り口があってTMに興味を持ってくれる人がもしいればそれは喜ばしいことだと思うんですけどね。

ただ・・・・

ずっと前に出たJAMのトリビュートアルバムは個人的には嫌いですwwww(ここまでの文章台無しだなw)

スポンサーサイト

  • 2012.05.10 Thursday
  • -
  • 22:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
JAMのトリビュートアルバムは個人的には嫌いです
まで読んだ
>ななふし

それ全部読んでるwww
  • TurBO.T
  • 2010/05/01 3:50 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
n-machine 新曲公開ちう。
タイトル:Midnight Downhill (Short Version)
オフィシャル
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM